D.Y.F.Cオンラインアカデミー 4コマ水産学
D.Y.F.Cオンラインアカデミー 4コマ水産学

D.Y.F.C
オンラインアカデミー

4コマ水産学

高本 采実

高本采実 先生

近畿大学農学部水産学科を卒業し、在学時はサメやマグロをはじめとした魚の研究に没頭。
現在はSNSや各メディアにて釣りと共に魚の生態をはじめとした豆知識をイラストと共に発信するなど、魚の魅力と釣りの魅力を伝えるために活躍中。

4コマ水産学「アカカマス」編

  • アカカマス
  • アカカマス
  • アカカマス
  • アカカマス

この時期、大型サイズも釣れる塩焼きも最高な旬のお魚、アカカマス!

なぜ晩秋から初冬までの間に大型サイズがよく釣れるのか、これを読めば明らかに

◆産卵期
アカカマスの産卵期は、5〜8月。
産卵盛期は6〜7月。

◆成長
孵化後〜1歳までは急激に成長します。
特に孵化後〜11月頃までは速やかに成長し尾叉長20cm以上に。
そして12月〜産卵期まで成長停滞し、産卵期以降に再び成長が活発となります。
1歳以降からは成長が遅く、
2歳から成長が穏やかに、
そして4歳以降はほとんど成長がみられません。

孵化後2ヶ月:概ね尾叉長20cm
孵化後約6ヶ月:尾叉長25cm前後になる個体も
満1歳:尾叉長25cm前後。成熟年齢。
満2歳:尾叉長30cm前後

◆雌雄差
どの年齢においても、尾叉長・体重共に
体サイズはオスよりメスの方が大きい

◆越冬期の移動距離
若狭湾に生息するアカカマス。
越冬するために、越冬場へ移動するのですが
なんと!
1日あたり3.3〜10kmも移動します。
体長との相対的遊泳速度は
アカカマス:0.17〜0.50FL/sec
(ブリは0.07〜0.34BL/sec)
これはかなり早い速度で、ブリの体長相対的速度をかなり上回ります。

※FL:尾叉長 fork length
※BL:体長 body length
※TL:全長 total length

<参考文献>
Yasuji Masuda,Takafumi Sako,Gou Matsushita,Tetsuro Shiraishi,Junichiro Kirizushi,Yuji Kamimura and Takakazu Ozawa(2003) Age,growth and year-class composition of brown barracuda Sphyraena pinguis in Kagoshima Bay,southern Japan,Nippon Suisan Gakkaishi,69(5),709-716

Katsuhiko Maruyama(2002) Estimation of the Age and Growth of Brown Barracuda Sphyraena pinguis Gunter in Japan Sea by Analyzing the Microstructure of Otolith,Bull.Niigata Pref.Fish.Mar.Res.Inst.1,11-15

Satoshi Iizuka,Hisashi Inoue and Kenji Ueda(1984) On the Sphyraena pinguis Gunther Catches by Set Net in Kyoto Prefecture,京都海洋センター研報,8,9-13

  • ブリ
  • マダコ
  • マアジ
  • サヨリ
  • アオリイカ
  • マサバ